映画感覚思考

映画を観て感じたこと、考えたことを書いていきます。

映画感想:『ラガーン』

 

 

    さあ進め

 

 

 

   『ラガーン』

        原題 :Lagaan: Once Upon a Time in India

 

 

あらすじ

 ”ラガーン”、それは”年貢”。1893年、イギリスによる植民地下のインドでは、それぞれの領地を治める藩王が村々から年貢を集め、領内に駐屯しているイギリス軍に年貢を納めていた。年貢を納めるため、農民は汗水を流し、日々働く。しかし、日照りが続き、今年の年貢を納めると自分たちが飢えてしまう。農民は、藩王に年貢減免の嘆願をしに向かうが、イギリス人からある条件を提示される―。

 

----------------------------------------------------------------------------------------

 

 『きっと、うまくいく』主演、インドにおいて圧倒的な人気を誇りながら、インドの社会問題に立ち向かう”アーミル・カーン”の主演作。日本において観ることが出来る数少ないアーミル・カーン作品の1つという事で鑑賞しました。

 何と上映時間は224分!思っていたよりも、エンタメ作品として仕上がっており、インド映画特有のダンスシーンや尺の長さに慣れると、その時間の流れや登場人物の心情に乗りながら、ハラハラドキドキさせられました。

 ちゃんとintermission"休憩"もあるので、時間があるときにどうぞ。

 

オススメ度:☆☆☆(見ても良いかも)

  ↓↓↓以下ネタバレを含みます↓↓↓

続きを読む